益子焼::かおり陶房
2019/11/18   


やきものを始めてから器を作る事が多いのですが、元々、絵を描くのが好きでしたし、版画も好きでした。どちらかというと、平面で表現するほうが好きでした。
うつわは道具としての機能を重視しますが、土を表現する素材として考えると、やはり立体での表現が気になります。
人間、続けていると何が生まれるか分かりませんな。
変化も柔軟に受け入れましょうかね。

最近気になる






posted at 2019/11/18 12:07:33
 
 
2019/11/15   

今年のわら灰は古畳で作ってみました。

40年以上前の畳で、物置に7、8年程置いてあったものを貰いました。最近は色々な種類のものがあるようですが、こちらは、「本わら床」という、中身が全部稲わらで、混ざりもの無し。ミッチリ、圧縮されているわらが縦横と詰まっています。保管状態も良く、わらもしっかりとした良い畳です。予想外に沢山の灰が取れました。

畳にするぐらいだから、良いわらを選んでいるだろうし、稲わらを育てる人が居て、しっかりと乾かし、職人さんが居て、成形圧縮は機械(?)か何かだろうけど、畳表のイ草を育てる人が居て、編む人が居て、畳のへりも簡素なものから美しく織ってあるものもあるし、とてもアナログな沢山の人の手と時間が掛かったものなのですよね。
畳うんぬんも深く掘り下げていくと面白そう〜一枚の場所でわらの詰め方も違ってたし、日本人の緻密さ、これも日本文化。
面白く燃やせました!そして、これも、リサイクル!
全てに感謝!!

良いページを見つけました!興奮です!たまらんのぉ〜
小畑畳店 http://obata-tatami.com/


わら灰を作る(古畳編)わら灰を作る(古畳編)わら灰を作る(古畳編)


posted at 2019/11/15 9:31:40
 
 











posted at 2019/11/15 9:22:28
 
 
2019/11/09   


今回も無事に終りました。お天気にも恵まれました。
先日の台風の数々が嘘のように穏やかな日々でした。
お買い上げ頂きましたお客様方、ありがとうございました。
陶器市も早、15年が過ぎ、最初から今の場所で変わりなく出展できることに感謝です。
春にはまた、進化して、面白いと思えることをやって生きたいと思います!
反省はしますが、過去の事はすぐに忘れてしまう、前しか見てねぇ〜

また、春にお会いしましょう〜


無事に終りました










posted at 2019/11/09 14:50:18
 
 
2019/11/04   


陶器市もあと二日。
これまでに来て頂いたお客様方、ありがとうございました!
新作もぞくぞく〜最終コース!がんばっぺ〜

4日目4日目4日目











posted at 2019/11/04 6:14:49
 
 
2019/11/01   


11月1日(金)〜5日(火)

金土日月 / 8:00〜 17:00頃 まで    火 / 9:00〜14:00頃まで

路地裏テント内 「かおり陶房」

皆様のお越しをお待ちしております!









posted at 2019/11/01 0:27:21
 
 
Profile 
早田かおり
 詳細は >>こちらから<<

Studio Pechka facebook
Studio Pechka《 facebook 》



作品のお問い合わせ等は、下記のメールフォームからお願いします 

メール(かおり陶房)

Category 

Pickup Photo! 

Recent Diary 


Counter 
total : 323777
yesterday : 198 / today : 124

Search 







Archives