益子焼::かおり陶房
2018/11/28   


今年は暖かいので、なんとか間に合うじゃろ〜

種を蒔くあまいえんどう、赤花絹さや
マルチをするのは猫除け〜フカフカに耕した土を、ここぞとばかりに、容赦なくホリホリ。。




種を蒔く直播しきれなかった種は苗床に蒔いて、苗にして
昔取ったきねづか〜
「自然の色はなぜにこんなにも美しいのか?」という疑問から、じゃあ、種を蒔くところから、育てるところからと、思い立ったのがきっかけで、ハーブ園で働いていた頃がありました。







posted at 2018/11/28 9:47:44
 
 
2018/11/25   


冬の支度ススキを切り戻し、葉は細かくして、セージの霜よけのマルチに
花の部分は、種をしごいて取ったら筆になるかも〜



冬の支度メキシカンブッシュセージのシュート
これを凍らせないように冬の間は霜よけを〜春にこれが伸びてきます



冬の支度セージ、まだまだ綺麗です
益子の大甕に







posted at 2018/11/25 16:05:40
 
 
2018/11/22   


土とは 山から掘ってきた日陰粘土の原土
色々なものを含んだものが「土」なのです。


土とは だんだんと細かい篩にかけていくと、含まれているものの正体が分かります。
これらを取り除いて、粘土として使いやすい土にします。細かい石や砂をどこまで取り除くかは作者の好みで。
posted at 2018/11/22 6:47:49
 
 
植物の根や葉など








posted at 2018/11/22 6:23:17
 
 
さらに細かい石






posted at 2018/11/22 6:18:24
 
 
2018/11/13   


今回も、当方の土瓶をお買い上げ頂きました方々、誠にありがとうございました。

よく、質問されることなのですが、、「茶漉し(金網の)は入りますか?」
入る蓋の形もありますが、被せ蓋の場合、入らない場合もあります。

確かに、茶漉しを使った方が、茶葉を捨て易いですよね。
でも、この茶漉し、、、ちょっと想像してみて下さい。

でっぷりボディーは、丸く広々とした空間で茶葉を充分に泳がせ、開らかせ、のびのびと、本来のお茶の味を存分に引き出す為の姿です。

筒形の茶漉しでは、空間が狭められ、茶葉は中途半端に開きます。
これでも、美味しいのでしょうが、、、

お休みの日など、時間が取れる時は、是非、茶漉し無しで、お茶を味わってみて下さい。
始末に掛かる時間も含め、そうすることで、ゆったりとした時間が得られるはずです。


当方の土瓶も、ボディーに茶漉しを作ってあります。
うちの釉薬は濃いめに掛けるので、焼いて融けても、ギリギリ、塞がらない大きさの穴になっています。
茶漉しの作り方も色々あるのですが、日本中、全ての茶漉しが同じというのも、なんだか味気無いし、せっかく、出会った作り方を大事にして、残したいので、少し他の茶漉しよりは穴が大きいかもしれませんが、ご理解頂けるとありがたいです。

穴を通り過ぎ、茶碗の底にたまった茶葉は、最後、飲んでも良いんですよ。
茶殻を佃煮やふりかけにして食べたりするぐらいですから。健康にも宜しい。

茶漉し(金網の)を使わない場合、茶葉を捨てる時は、水をいっぱい入れて、グルグルッ、ザァー!と、溢しますと上手く捨てられます。

茶漉し(ボディーに作られている)に茶葉が詰まった時は、これも水をいっぱい入れて、お茶を注ぐ方の口から勢い良く吹くと、結構取れます。
(顔に水が飛び散りますが〜キャッキャッ!言って案外楽しいもの。土瓶とも仲良くなれます)

そんな。。はしたない事は。。。と思われる方は、曲がるタイプの歯間ブラシがお勧めです。
(素敵なお掃除グッズあると良いなあ。。柄は木とかで。良いなあ。。誰か作ってくれないかな。。)

抹茶では無い、お茶の世界も色々と知ると、面白く楽しめる世界です。

そして、作り手には、土瓶、急須、ポットなど、パーツごとにこだわりがあるものです。









posted at 2018/11/13 17:19:55
 
 
2018/11/09   


秋の市より今回の花は庭に咲くハーブ
チェリーセージ、斑入りのセージ、メキシカンブッシュセージ



秋の市より秋の市より







posted at 2018/11/09 8:02:01
 
 
2018/11/06   


益子陶器市、テント撤収も終わり、無事に今回も終わりました。
沢山のお客様に来て頂き、感謝、感謝です。
これからも発見と創造を重ね、皆様に喜んで頂けるもの、刺激するものを造りますので、また、春の市でお会い出来れば嬉しいです!
ありがとうございましたm(__)m


ありがとうございました







posted at 2018/11/06 18:46:25
 
 
Profile 
早田かおり
 詳細は >>こちらから<<

Studio Pechka facebook
Studio Pechka《 facebook 》



作品のお問い合わせ等は、下記のメールフォームからお願いします 

メール(かおり陶房)

Category 

Pickup Photo! 

Recent Diary 


Counter 
total : 294158
yesterday : 184 / today : 043

Search 







Archives