益子焼::かおり陶房
2017/11/28   


こるりの森七ツ洞マルシェを後にして、向かうは「こるりの森」
なかなかイイ雰囲気〜



こるりの森森主の稼業はこちらも農家
普段は市場に野菜を出荷していますが、週末はこちらで販売しています。
もうお野菜は少なくなっていましたが、無農薬の小豆を手に入れホクホク〜

小屋も仲間と作ったそうで、誰かがやってきては、勝手に木を伐り出したり、作業始めたり、皆の場所になってました〜

12月2・3日には「収穫祭」も開催

こるりの森いつか、ペーターさんの演奏、ここでやる?
火を囲み、アコーディオンの音色が冬の夜空に響いて。。。
三日月さんに届くかな〜 (勝手に想像)




posted at 2017/11/28 10:56:09
修正
 
 
2017/11/27   


皆さ〜ん、茨城県水戸市の七ツ洞公園はご存知でしょうか?
映画のテルマエ・ロマエの撮影にも使われたという、英国式庭園を持つ公園です。

ここで、ペチカメンバーの農家夫婦(晴れ晴れファーム)が出店するというので行ってきました〜


晴れ晴れファーム  in   七ツ洞マルシェ珍しいかぼちゃも作ってて、白いものやラグビーボウルのような形のロロン、バターナッツのスープは美味かった!それぞれ、ちょっとずつ味が違うんですよね〜
なかなか売ってないハーブのフェンネルも作ってて、料理の仕方とかお話ししてもらい、楽しい〜


晴れ晴れファーム  in   七ツ洞マルシェそして、、私のお目当ては、これ!
ねっとり甘い紅はるか!
薪ストーブで石焼芋にして、ほぼ毎日私の昼食になるので、箱買いしていきます。これがあれば、冬籠りの準備ができ、安心であります。ありがとう〜


晴れ晴れファーム  in   七ツ洞マルシェ彼らの情熱が詰まった新鮮野菜と店主の母の手作り編みぐるみ、素敵です!




夢を叶える為、今年から新規就農者として歩み出した二人、私に何が出来るってわけではありませんが、応援させて頂きます!






posted at 2017/11/27 8:11:13
修正
 
 
2017/11/20   


陶器市に来られたお客様が言っておられました。

「二年前にこちらの器を買いまして〜二年前とは全然違いますね」

う〜ん。。。

まわりの人から見ると、そう見える?かも??

自分の中では、ずーっと、延長上にあります。

変化というより、進化しているのであります。

一つカタチになると、次はこうしたら?って、どんどん!広がって〜

やればやるほど、深く掘ってしまいます。

そう、させられるのは、自然灰の色が、ほんの少しの条件や要素の違いで、驚くほど無限に変化していくからかもしれませんね。

まだ、見ぬ自然灰の表情を発見したいからです。

実験に近いか?

その薬(釉薬)を生かしきれて、安定してくると、自分が面白く無くなってきます。

そして、イイ塩梅に?、その頃には、その薬が無くなってくるので、また違う灰を使うことになり、また!一から〜という、、、怖ーい、自然灰ブラックホールに吸い込まれ。。。

ああ!また違う!

その都度、頭を掻きむしることになるのであります。

形と色と使い勝手と、醸し出すものと、ピタッ!とくるとイイんですが〜

これが、なかなか。。。

ハヤタカオリのやきものへの旅は、まだまだ続く〜




posted at 2017/11/20 17:00:19
修正
 
 
2017/11/16   


さあ〜今年はワラ灰作ります!

ワラ灰作り 1



まずは、ワラを乾かしませんと。良く乾いていないと上手く燃えないので。
稲刈りの時、田んぼに鋤き込まずに残しておいてもらった稲ワラを結束して運びます。


ワラ灰作り 1



今までは田んぼに立てて乾かしていたのですが、今年はこの後、麦を蒔くので、空いた畑に立てます。
今年のワラは、短く細っこく柔らかい。
なんでかって、天候不順もあったけど、これまでと品種が違うのだそう。
これまでは、コシヒカリ。今回の品種は?
コシヒカリは、長く太いしっかりしたワラだった。けれども、農薬を使う量は今回の品種より多いらしい。そして、今年の品種は植えてから刈るまでの期間もコシヒカリより短い。

条件、要素が違えば、灰にした感じも釉薬にして焼き上げた感じも違うのでは?
いろいろ、楽しみです。


ワラ灰作り 1



スタジオペチカメンバー、頼りになります!ありがとう〜



posted at 2017/11/16 18:03:19
修正
 
 
2017/11/12   


今回も、無事に陶器市終わりました!

足をお運び下さった皆様方、お買い上げ頂きました皆様方、誠にありがとうございました。

お礼が遅くなり、申し訳ありません。

わら灰を作る為に、陶器市最終日の翌日より、田んぼでわらの結束をしていました。
いつもの仲間に手伝ってもらい、三角に立てるところまで、ひとまず終わりました。
(この様子は次回、記事にいたします〜)


市では、いつものお顔を拝見するとホッとしますし、お買い上げ頂いた後にもわざわざ、ご連絡を頂いたり、写真を送って頂いたりで、ありがたい事ばかりですm(__)m

たまーに、どんな風にあの器は使われているのだろうか?と想像します。

使い込んだ器を持って来て下さる方もいて、こんな風に変化するのか〜と、なんだか楽しいです。

また!春に向けて頑張ります!

もう頭の中ではあれやこれやと作っているのですが、、なんせ、まだ片付いていませんで。

早く!作りたーい!

何が生まれるか?!お楽しみに!















posted at 2017/11/12 21:23:10
修正
 
 
Profile 
早田かおり
 詳細は >>こちらから<<

   スタジオ ペチカ
自然のワークショップ 三日ぼうず倶楽部


作品のお問い合わせ等は、下記のメールフォームからお願いします 

メール(かおり陶房)

Category 

Pickup Photo! 

Recent Diary 


Counter 
total : 231849
yesterday : 108 / today : 015

Search 







Archives 

RSS & Atom Feed 
益子焼::かおり陶房
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
お知らせ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ギャラリー
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
素材・道具
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
こつぶのつぶやき
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
自然・食
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ペチカなど
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ご支援を
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3