益子焼::かおり陶房
2017/01/19   

CPCM 
(Crafts and Permaculture Country Mall)

            https://www.instagram.com/cpcm_official/
            http://cpcm-shop.com/


こちらのお店は、手作りの温もりのあるクラフトや新旧に関わらず永続的に続く文化を大切にしたいというコンセプトのもと、日本より世界よりセレクトされた様々なモノを扱っていらっしゃいます。

今日より、器、展示して頂いています。ありがとうございます!

東京にお住まいの方々、暫く、最近の作品を見て頂けていない方々、近くに行かれた際は覗いて見てくださいね〜
置かれる場所が変われば、同じものでも見え方が違うでしょう。
皆様にはどのように、映りますかね〜?

どんな方々に使って頂けるのか、楽しみです〜

器以外のモノも沢山ありまして、和むもの驚くもの刺激的なもの触発されるもの、様々な発見があるお店です。
是非!!

ちょっと歩いた青山には、「岡本太郎記念館」があります。
アトリエの前に立つと、熱く筆を動かしていた姿が浮かび、ドキドキします。
そして、岡本太郎のメッセージが感じられます。
いつか、このメッセージを形にできたら。。。。










posted at 2017/01/19 10:39:19
修正
 
 
2017/01/18   


新釉薬貝灰釉リム皿
友人手作りのキャラウェイ入りビスコッティをのせてみました。合いますね。







新釉薬貝殻を集めておいて、白い灰になるほどに焼いて、釉薬の材料にします。
なんでもリサイクル〜



新釉薬貝の灰を水簸して、残ったもの。





何度かテストし、なんとも渋い、いい感じの釉薬に仕上がりました。
ただ。。少しの温度差や火のあたり具合で、こんなに違うの?!っていうぐらい色が変わるので、かなり難儀な釉薬。
でも、安定するように調整すると、面白くなくなるんですよね〜









posted at 2017/01/18 19:12:58
修正
 
 
2017/01/11   


やっぱり、ペチカ!

やっぱり、ペチカ!今回は、友人が手作りしたほうれん草入りの皮でペリメニを〜




やっぱり、ペチカ!この後!薄力粉で作った被せ蓋が破けて!中身が噴火した!
蓋は中力か強力粉で作ったものが良さそう〜
この皮を崩して、中のスープに落として食べるので、モチモチした皮の方が美味い〜




今年も千葉房総のペチカ小屋で〜お正月明けの三連休を過ごしました〜

やっぱ!ペチカは面白い〜
この、デジタルな時代に〜わざわざ時間をかけ、手間をかけ〜バタバタして〜
この方が、興奮するんですよね〜
何なんですかね〜
火は興奮するんですよね〜
何なんですかね〜
思わず、体が動き、踊りたくなるんですよね〜

5年経ったペチカ、ゆがみやひび割れもなく、すっくと、立っています〜
頼もしい!丁寧に積んだかいがありましたかね〜

ペチカにエネルギーを貰い、ペチカを一緒に囲んだ仲間にエネルギーを貰い、また、制作に戻ります!
久々〜に、大土瓶を沢山作ります!





posted at 2017/01/11 18:39:09
修正
 
 
2017/01/03   


皆様、明けましておめでとうございます!
昨年も沢山の励ましを頂き、充実した年となりました。感謝いたします。

自分一人の力では、到底生まれ得ないことも、様々な人や経験、何かに全力で自分をぶつけることで、新たなものが生まれます。
森羅万象のエネルギーをお借りして、巻き込んで、血の通った仕事、人間を残した仕事を、今年もしたいと思います。

皆様にとっても、健康で、喜びの多い、実のある一年になりますよう、お祈り申し上げます!









posted at 2017/01/03 19:02:32
修正
 
 
2017/01/02   


今宵の空


今宵の空











posted at 2017/01/02 21:11:24
修正
 
 


キムチ作り 4最後はビニール袋2重にして入れます。
小分けにしておくと、食べる時に取り出し易く、人にあげたりするのに便利ですね。
でも?
単体で発酵するのと、甕や桶にいっぺんに漬けて発酵するのと、味が変わるものでしょうか?カレーもなぜか?沢山で作った方が美味しいし?(一緒じゃないか?)
来年は甕に漬けてみようかな〜

2、3日は10度ぐらいの室温で、その後は冷蔵庫で保存だそうです〜

さあ〜!2日間に渡ってのキムチ作り。
これだけの時間手間をかけて〜思いをかけて〜美味しくないはずがなぁ〜い?!
と、、、言い聞かせつつ、、、
実はわたくし、、、食べられません、、、( ゚Д゚)
でも!今回はチャレンジして食べてみますよ!
はて?!結果はいかに?!






posted at 2017/01/02 18:24:16
修正
 
 


キムチ作り 3塩抜きした白菜は、よく絞ってザルにあげて置きます。






ペーストを作ります。
唐辛子粉、細かいの荒いの2種に、松前漬け、イワシの出汁を加え、適当な硬さまでよく練ります。(味噌玉ぐらい)
にんにく・しょうが(みじん切り)、松の実(半殺し)、アミ、白胡麻を加え、よく練ります。
これに、大根(3センチ千切り)、ニラ、からし菜、セリ、長ネギ(3センチに切る)を加え、馴染むまでよく練る。
分割した白菜の数にペーストを分け、いよいよ〜白菜に挟んでいきます。


キムチ作り 3根元に多めに、葉先もよく付けて、全体を赤く染めていきます。
一枚一枚丁寧に〜
沢山の量。。だんだん頭がボーッと、、、
すると、「早く終わらせようとして、雑にならないように〜」と、チイさんの一声。
はいっ!ラストスパート!気を抜かず頑張ります!



キムチ作り 3最後は外葉で包みます。
自分はあたふた上手く包めませんでしたが〜毎年仕込んで慣れている方は、綺麗に包めてますね〜



つづく
posted at 2017/01/02 13:02:26
修正
 
 


キムチ作り 2塩浸けした白菜を塩抜きします。
水洗いしたら、真水に暫くさらします。時々食べてみて、確認します。
最初に甘味がきて、しょっぱいが来るといいらしい。
抜け過ぎても、しょっぱすぎてもいかん。


キムチ作り 2出汁はイワシの塩漬けです。身が細かくなるまで良く煮ます。





キムチ作り 2濾して。残った身は、乾煎りしてフリカケに〜





つづく

posted at 2017/01/02 12:25:41
修正
 
 
Profile 
早田かおり
 詳細は >>こちらから<<

   スタジオ ペチカ
自然のワークショップ 三日ぼうず倶楽部


作品のお問い合わせ等は、下記のメールフォームからお願いします 

メール(かおり陶房)

Category 

Pickup Photo! 

Recent Diary 


Counter 
total : 208075
yesterday : 086 / today : 072

Search 







Archives 

RSS & Atom Feed 
益子焼::かおり陶房
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
お知らせ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ギャラリー
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
素材・道具
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
こつぶのつぶやき
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
自然・食
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ペチカなど
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ご支援を
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3