益子焼::かおり陶房
2019/05/16   







ブラックホール?! ホワイトホール?!
posted at 2019/05/16 8:43:12
 
 








高杯(たかつき)
ちょと特別な日に、月桃(げっとう)のような葉っぱを一枚敷いて、お団子、鮎の塩焼き、稲荷寿司、おせち、等々盛って、いつもと違う雰囲気を〜
(案外、洋菓子も合うかも。。)
posted at 2019/05/16 8:25:56
 
 
2019/05/15   







posted at 2019/05/15 7:25:29
 
 
2019/05/14   








宝瓶(ほうひん)
本来は玉露などの低い温度の湯で淹れるための茶器ですが、煎茶や中国茶、ハーブティーなどにも使えます。厚作りの器ですので、持っても、それほど熱く感じません。
posted at 2019/05/14 14:21:15
 
 








posted at 2019/05/14 8:46:28
 
 
2019/05/13   








posted at 2019/05/13 8:22:21
 
 
2019/05/11   

ムフ〜目がハートネコ

今年も長野のりんご農家さんから灰が届きました!

灰が来た! りんごとぶどうのミックス灰
灰が来た! な、なーんと!ぶどうだけの灰!未知の世界!




たまらんのぉ〜

いつも、お世話様です。今年は新に釉薬を作りまして、テストします。
もうしばらく、お待ち下さい。

間に入って運んでくれる友人にも感謝!

さて〜どんな色合いになりますやら?!楽しみでございます〜

灰を集めだし、はや15、6年、灰専用の小屋が欲しくなってきました。。。


灰が来た! 長野県上田市、「坂の上の果樹園」さんのりんごジュース
        さっぱりしていて美味しかったです。ご馳走様でした!










posted at 2019/05/11 14:47:43
 
 
2019/05/08   


令和、最初の陶器市が終わりました。

長いお付き合いになりました方々、新に出会いました方々、本当にありがとうございました。

この器の色は、自然の素材の色、稲わらや木々の灰、貝殻の灰で出しているんですよ。とお話しますと、「へぇ〜ほぉ〜知らなかった」!とお顔の表情が変わられるんですが、最近はこれが楽しくなってきました。

「おっ!また、みっけ〜!」と、ひとり、ニヤニヤしています。

若い方でも、釉薬の話を興味を持って、よくよく聞いて下さる方も居て、眠った原石がまだまだ居るんだな、と嬉しくなります。

そう、私のやきものを目にし触れて、眠った感覚を呼び起こす、引き出すという、自分の作陶にはそういう意味合いも含まれています。
もちろん、自分の感覚にも、常に疑問を持って作陶しています。

ので、定番のものも作りますが、それではもの足りなくなって、色々と作ってしまいます。

次に何が生まれるか?自分でもわかりません。
人間の自分と自然の素材との対話がまた、始まります。



ありがとうございました












posted at 2019/05/08 9:12:30
 
 
2019/04/15   


2019年4月27日〜5月6日

    AM8:00〜  「路地裏テント」いつものところ

マイバック、お忘れなく〜

    *出店場所や駐車場の情報は益子町観光協会のページより〜
   


さてさて〜差し迫ってきましたよ〜今も窯焼き中〜 がんばっぺ〜!

うちでも、ブラックホールが次々と観測?!!











posted at 2019/04/15 18:58:54
 
 
2019/04/13   


更新されました! スタジオペチカfacebook からどうぞ〜うれしい顔  →

今回は〜
「シベリア伝説のハンター、デルスウザラに学ぶ自然暮らし 〜 動物との暮らし編 」
posted at 2019/04/13 20:36:44
 
 
Profile 
早田かおり
 詳細は >>こちらから<<

Studio Pechka facebook
Studio Pechka《 facebook 》


スタジオ ペチカ
自然のワークショップ 三日ぼうず倶楽部


作品のお問い合わせ等は、下記のメールフォームからお願いします 

メール(かおり陶房)

Category 

Pickup Photo! 

Recent Diary 


Counter 
total : 271184
yesterday : 182 / today : 115

Search 







Archives