// 2015/10 all images //

2015/10/21 :: 薬掛け


!!$img1!!成形して、充分に乾燥させて700度位で焼いた(素焼き)後、釉薬を掛け、今度は1280度位で本焼きをします。
自然灰釉は掛けた釉薬の厚みによっても、大きく色が変わるので、必ず、素焼き片に掛けてみて、厚みを確認します。



!!$img2!!手に持って、一度に全部を浸して引き上げたり、柄杓で内側を掛けてから外側を掛けるなど、薬の掛け方も色々あります。
やり方によっても、浸透する薬の厚みが変わってくるので、それも考慮してやります。








2015/10/21 :: 薬掛け


!!$img1!!成形して、充分に乾燥させて700度位で焼いた(素焼き)後、釉薬を掛け、今度は1280度位で本焼きをします。
自然灰釉は掛けた釉薬の厚みによっても、大きく色が変わるので、必ず、素焼き片に掛けてみて、厚みを確認します。



!!$img2!!手に持って、一度に全部を浸して引き上げたり、柄杓で内側を掛けてから外側を掛けるなど、薬の掛け方も色々あります。
やり方によっても、浸透する薬の厚みが変わってくるので、それも考慮してやります。








2015/10/16 :: 蝋抜き


素焼きしたものに釉薬を掛けたら、尻(高台の接地面)を拭きます。
板皿などの接地面積が広いものは、釉薬が掛からないように、先に蝋を塗っておきます。
灯油に蝋を削って溶かし、充分に釉薬が抜ける濃度で塗ります。
撥水剤も売っていますが、蝋のほうが安価ですし、付いて欲しくない所に垂れてしまっても軽く削ればとれます。
撥水剤はすぐ浸透してしまい、なかなか取り除くのが難しいので、私は蝋を好んで使っています。


!!$img1!!


















2015/10/13 :: ペチカ料理 ペリメニ


!!$img1!!ペリメニ
ロシアの水餃子のようなもの。
自家製の専用壷に水、ペリメニ、塩、味の決め手となるディルを入れて、手作りの皮を被せ蓋にし、ペチカの中に〜




!!$img2!!壁際に置いて、遠火で。
思いのほか早く火が通り、上の皮が膨らんで焼き色が付いてきます〜






!!$img3!!専用の道具(これも手作り、今度紹介します)で壷を取り出し、皮を破ると。。。







美味しかった〜
今度は大きな壷を作って、どっさりペリメニ入れてグツグツしたい〜
何から何まで手作りは楽しい!
疲れるけど、盛り上がる!

さて、次は何を手作りしようか?!





2015/10/13 :: ペチカ料理 ペリメニ


!!$img1!!ペリメニ
ロシアの水餃子のようなもの。
自家製の専用壷に水、ペリメニ、塩、味の決め手となるディルを入れて、手作りの皮を被せ蓋にし、ペチカの中に〜




!!$img2!!壁際に置いて、遠火で。
思いのほか早く火が通り、上の皮が膨らんで焼き色が付いてきます〜






!!$img3!!専用の道具(これも手作り、今度紹介します)で壷を取り出し、皮を破ると。。。







美味しかった〜
今度は大きな壷を作って、どっさりペリメニ入れてグツグツしたい〜
何から何まで手作りは楽しい!
疲れるけど、盛り上がる!

さて、次は何を手作りしようか?!





2015/10/13 :: ペチカ料理 ペリメニ


!!$img1!!ペリメニ
ロシアの水餃子のようなもの。
自家製の専用壷に水、ペリメニ、塩、味の決め手となるディルを入れて、手作りの皮を被せ蓋にし、ペチカの中に〜




!!$img2!!壁際に置いて、遠火で。
思いのほか早く火が通り、上の皮が膨らんで焼き色が付いてきます〜






!!$img3!!専用の道具(これも手作り、今度紹介します)で壷を取り出し、皮を破ると。。。







美味しかった〜
今度は大きな壷を作って、どっさりペリメニ入れてグツグツしたい〜
何から何まで手作りは楽しい!
疲れるけど、盛り上がる!

さて、次は何を手作りしようか?!





2015/10/13 :: 2年目のペチカ


久々のペチカです〜
2年目のペチカは様子が違います。3時間ほど火を入れただけで、中は煤も切れ、煙突への引きも前より早く、いい塩梅です〜
あとは、煙突をもう少し改良していきます〜


ペチカは極寒ロシアのダーチャで使われている暖炉(最近では少なくなったそうですが)ですが、料理も出来、ペチカの表面積が大きければ大きいほど、一度温まればいつまでも蓄熱しているという優れた暖炉です。
薪も従来の薪ストーブの3分の1しか必要としない構造になっています。
ペチカの形は色々あるようですが、この形は一番古いものになるそうです。
ロシアでは、三階建てのペチカもあるそうな!!
チョー見てみたいです!


目に浮かびますね〜ペチカを中心に人々の暮らしが営なわれていることが。
火と共に人が在ることが。



!!$img1!!!!$img2!!!!$img3!!












2015/10/13 :: 2年目のペチカ


久々のペチカです〜
2年目のペチカは様子が違います。3時間ほど火を入れただけで、中は煤も切れ、煙突への引きも前より早く、いい塩梅です〜
あとは、煙突をもう少し改良していきます〜


ペチカは極寒ロシアのダーチャで使われている暖炉(最近では少なくなったそうですが)ですが、料理も出来、ペチカの表面積が大きければ大きいほど、一度温まればいつまでも蓄熱しているという優れた暖炉です。
薪も従来の薪ストーブの3分の1しか必要としない構造になっています。
ペチカの形は色々あるようですが、この形は一番古いものになるそうです。
ロシアでは、三階建てのペチカもあるそうな!!
チョー見てみたいです!


目に浮かびますね〜ペチカを中心に人々の暮らしが営なわれていることが。
火と共に人が在ることが。



!!$img1!!!!$img2!!!!$img3!!












2015/10/13 :: 2年目のペチカ


久々のペチカです〜
2年目のペチカは様子が違います。3時間ほど火を入れただけで、中は煤も切れ、煙突への引きも前より早く、いい塩梅です〜
あとは、煙突をもう少し改良していきます〜


ペチカは極寒ロシアのダーチャで使われている暖炉(最近では少なくなったそうですが)ですが、料理も出来、ペチカの表面積が大きければ大きいほど、一度温まればいつまでも蓄熱しているという優れた暖炉です。
薪も従来の薪ストーブの3分の1しか必要としない構造になっています。
ペチカの形は色々あるようですが、この形は一番古いものになるそうです。
ロシアでは、三階建てのペチカもあるそうな!!
チョー見てみたいです!


目に浮かびますね〜ペチカを中心に人々の暮らしが営なわれていることが。
火と共に人が在ることが。



!!$img1!!!!$img2!!!!$img3!!












 
   
close

+ pplog2 3.40 +