益子焼::かおり陶房
«« 自然暮らし通信社・ババリーナWebチャンネルトップページ自然暮らし通信社・ババリーナWebチャンネル »»
«« カテゴリ内前記事(久々に)< こつぶのつぶやき > カテゴリ内次記事(ありがとうございました) »»
2019/02/25   


今、空前の猫ブームと言われていますが、私は、20年程、ずっと、猫と暮らしています。
猫って、現代社会生活において、人が身近に置ける動物であり、自然なのではないですかね。
動物って、猫って、至極、単純。 そこが、私の癒されポイント。

猫と暮らしていると、「人間の幸せ」って、なんだろう?って、考えちゃいます。

あ〜、ほら、もう考えてる。
自分も人間なのだとの自覚が出来てから、別の苦悩が出てきましたね。

でも、どうしようもなく人間なのだから、今は人間をやめられないので、、、、

ガタガタ言って無いで、、、どんぶり、挽きます!(笑)









posted at 2019/02/25 9:27:49
 
 
Profile 
早田かおり
 詳細は >>こちらから<<

Studio Pechka facebook
Studio Pechka《 facebook 》



作品のお問い合わせ等は、下記のメールフォームからお願いします 

メール(かおり陶房)

Category 

Pickup Photo! 
2012/06/20 :: 手作り味噌
!!$img1!!3月に仕込んだ麦味噌。
(九州はやっぱ、麦たい!)
麦味噌は米味噌よりも麹の量も多く、減塩にしてあるので、ぼちぼち、、壷に移したもの以外は、小分けにして冷蔵庫で保管。

まだ、若くてなれてないけど、そろそろ食べられそう。。

味噌作りは、麹さえ手にはいれば意外と簡単。
手作り味噌は美味しいよ〜(麦味噌は甘い)

最近、美味しいよ〜の話ばかりのような。。。

作陶もしていますよ〜

若い人も味噌や梅干や漬物を手作りする人が増えてきた。

アナログな作業が逆に新鮮なのかも。

菌によって変化していくのがまたおもしろい。
同じ材料を使っても、その家に住んでる菌がそれぞれ違うので、味が違う。


粘土にも菌が居て、練って寝かしておくと、ろくろ挽きし易い粘りを出してくれる。

釉薬にも居る。合わせてから1年ぐらい置くと、トロトロになってくる。
焼いても良いあんばいだ。
しっとりとした滑らかな肌になる。
何年も置くと、しまいには、焼いた後の色まで変わってくる。
黄色だと思って、掛けて焼いたら白色になっちゃった、とか。

菌は偉大だ〜


壷も減ってきたので、作るかな。
冷蔵庫にも入りそうな手ごろな大きさから、少し大きいものまで、作ろう。
壷作りは楽しい〜


あれれ?いつの間にかやきものの話になってる。。。

いろいろとすべての事は繋がってるんですかねぇ。。。 

all photo