益子焼::かおり陶房
«« 第102回 益子 秋の陶器市トップページありがとうございました »»
«« カテゴリ内前記事(第102回 益子 秋の陶器市)< お知らせ > カテゴリ内次記事(no data) »»
2018/10/22   
今までに、自然に感謝して


おはようございます。

昨晩、窯焼きを終え、焼き過ぎたかなあ。。。と不安な朝です。

さて!話は変わり〜
レジ袋の有料化が義務化されるそうです。
以前から気になっていた事で、やっと、小さい一歩です。

早く土にかえるプラスチックが出来ないものか?と思っていますが、まだまだ、実用化には時間がかかるそうで。
日本のプラスチックごみを受け入れていた中国でも、溢れすぎて、輸入禁止にした為らしいですが、わかっていても、結局、いよいよ、にならないと動かないなんだなあ。。

陶器市でも、マイバックを持って来られるお客様も増えましたが、まだまだ、少ないです。
梱包材にプチプチまで持参のお客様もいらっしゃいます。

是非とも、マイバックをお持ち下さいますようお願いいたします m(__)m

最近の市では、竹かごを持っている方を多く見かけます。
これは、割れやすい陶器にとって、すこぶる向いていると思います。
安いの高いのいろいろですが、丈夫なもの(だいたい高い)は普段の買い物にも使えますし、長く使えるだろうし、見た目も素敵ですよね〜

昔は稲わらで、陶器を梱包して運んでいました。
流石にこれは無理なので、せめて、バックだけでも。。。

かさばらない、手軽な布のバックも良いですし。リュックサックも。風呂敷なんかも良さそう。。

市で沢山の方々に何かしら持参して頂けることを期待しています!






posted at 2018/10/22 6:15:33
 
 
Profile 
早田かおり
 詳細は >>こちらから<<

Studio Pechka facebook
Studio Pechka《 facebook 》


スタジオ ペチカ
自然のワークショップ 三日ぼうず倶楽部


作品のお問い合わせ等は、下記のメールフォームからお願いします 

メール(かおり陶房)

Category 

Pickup Photo! 
2015/01/05 :: 謹賀新年

明けましておめでとうございます!
皆々様、どんなお正月を過ごされたでしょうか?

こちらは、千葉のペチカ(ロシアの暖炉)小屋で仲間と過ごしました。


!!$img1!!一昨年、ペチカはほぼ完成。
今年は煙突の引きを良くしたいと、煙突のレンガを更に高く積み。。。
良かった〜引くようになりました!
去年、火を入れ続けてくれたのも良かった〜目地やレンガの水分が抜け、充分に温まり易くなったようです。


!!$img2!!もう一つのお楽しみはペチカで調理。
ピザ、燻製、壷焼きペリメニ(ロシアの水餃子のようなもの)、ダッチオーブンでチキンのハーブ焼き。
なんせ、すべてが初めて。
ホントに焼けるのか?どのくらいの時間か?どのくらいの温度か?燠の状態は?量は?壷は割れないか?
様子見い見い、、、
結果!薪の遠赤外線効果に手作りの楽しさも加わって、いずれも美味しかった〜

皆で思考錯誤したかいがあった〜贅沢な時間を過ごしました。

そして、なんといっても!作った窯が使える〜って!
これほどの面白い事、喜びを感じられる事はありません。
火を入れてみて、焼いてみて、難解なペチカの構造も良く分かってきました。

そして、、更に面白そうなのは、、なんと!このペチカで壷が焼けちゃうかも〜〜!!!
ロシアでは、レンガも自分達で作って焼いて、調理用なんかの壷もペチカで焼いていた模様。
う〜〜!興奮!!

今回は自分の窯で焼いた壷を使用しましたが、今度はペチカで焼いてみたいです。
こう、ご期待!



!!$img3!!自分で焼いた調理用の壷がしもるので、米を入れて煮てみました。











all photo