益子焼::かおり陶房
«« ありがとうございましたトップページ旅は終わらない »»
«« カテゴリ内前記事(楽々〜)< 素材・道具 > カテゴリ内次記事(粘土練り 1) »»
2017/11/16   
ワラ灰作り 1


さあ〜今年はワラ灰作ります!

ワラ灰作り 1



まずは、ワラを乾かしませんと。良く乾いていないと上手く燃えないので。
稲刈りの時、田んぼに鋤き込まずに残しておいてもらった稲ワラを結束して運びます。


ワラ灰作り 1



今までは田んぼに立てて乾かしていたのですが、今年はこの後、麦を蒔くので、空いた畑に立てます。
今年のワラは、短く細っこく柔らかい。
なんでかって、天候不順もあったけど、これまでと品種が違うのだそう。
これまでは、コシヒカリ。今回の品種は?
コシヒカリは、長く太いしっかりしたワラだった。けれども、農薬を使う量は今回の品種より多いらしい。そして、今年の品種は植えてから刈るまでの期間もコシヒカリより短い。

条件、要素が違えば、灰にした感じも釉薬にして焼き上げた感じも違うのでは?
いろいろ、楽しみです。


ワラ灰作り 1



スタジオペチカメンバー、頼りになります!ありがとう〜



posted at 2017/11/16 18:03:19
 
 
Profile 
早田かおり
 詳細は >>こちらから<<

   スタジオ ペチカ
自然のワークショップ 三日ぼうず倶楽部


作品のお問い合わせ等は、下記のメールフォームからお願いします 

メール(かおり陶房)

Category 

Pickup Photo!