益子焼::かおり陶房
«« やっぱり、ペチカ!トップページCPCM 益子陶器市 »»
«« カテゴリ内前記事(ス・テ・キ)< 素材・道具 > カテゴリ内次記事(no data) »»
2017/01/18   
新釉薬


新釉薬貝灰釉リム皿
友人手作りのキャラウェイ入りビスコッティをのせてみました。合いますね。







新釉薬貝殻を集めておいて、白い灰になるほどに焼いて、釉薬の材料にします。
なんでもリサイクル〜



新釉薬貝の灰を水簸して、残ったもの。





何度かテストし、なんとも渋い、いい感じの釉薬に仕上がりました。
ただ。。少しの温度差や火のあたり具合で、こんなに違うの?!っていうぐらい色が変わるので、かなり難儀な釉薬。
でも、安定するように調整すると、面白くなくなるんですよね〜









posted at 2017/01/18 19:12:58
 
 
Profile 
早田かおり
 詳細は>こちらから<

   ☆彡  ☆彡  ☆彡

作品のお問い合わせ等は、下記のメールフォームからお願いします 

メール(かおり陶房)

Category 

Pickup Photo! 
2011/11/20 :: 雨の日には
昨日は益子の先輩のところへ。
たまに色んな作業をやらせてもらいます。
先輩は益子で作陶して、かれこれ40年近くになられる大先輩です。
知識や情報、想像よりも自身の経験から学ぶことのほうがはるかに多いものです。
勉強になります。

今は採れない益子の昔の土、はんぱに硬くなってしまったものをよくよく乾かして、砕いて水分を加えて、練り直します。
私が使う土は益子の赤土なので、白系の土は新鮮。
「きめは細かそう。砂っぽいって言ってたな。細かい石が光ってるな。。。」
どんな土なのか。どんな土が益子で採れていたのか。
ワクワクします。
!!$img1!!






一時間もハンマーを振り続けると、手が疲れてきます。
右手が疲れたら左手へ。
体は左右、両方をバランスよく使ったほうが健康でいられます。
脳もそうでしょう。

同じ動作を続けていると、最初は色んなことを考えていますが、だんだんとスポットに入っていき、無心にその動作を続けています。
ただ、ハンマーを振り降ろしています。
ランナーズハイと同じようなことでしょうか?
ろくろを挽いているときにも起こります。(最近は雑念が多くて、、滅多にはないですが。。)



集中が切れた時、ふと、顔を上げ、外に目をやると、雨の秋の景色が優しく、疲れを癒してくれました。
!!$img2!!



all photo