益子焼::かおり陶房
«« 陶器市が終わって。。トップページ活躍 »»
«« カテゴリ内前記事(no subject)< 素材・道具 > カテゴリ内次記事(活躍) »»
2013/11/21   
土の支度


高台の削りカスや焼く前に壊したものを、また使えるように再生します。

再生の方法は色々ありますが、うちでは、山にして水をかけた土をビニールでくるんで、しばらく置いておきます。
土の支度






全体に水がまんべんなくしみたら(土は今の段階ではまだ、充分に戻りきれていません)、土練機にかけます。(小さい土錬機ですが、よく働きます)
やわらかめに練っておいて、このまましばらく置いて休ませます。
土の支度






そして再び、土練機にかけます。
土の状態によって新しい土と混ぜたり、つなぎを混ぜます。
この時もやわらかめに練っておいて、今度は三か月〜半年ほど寝かして、なじませます。

一度使った土は、力がなくなっている(私達の間では「疲れている」といいます)ので、寝かすことによって再び力を取り戻します。(微生物が粘りを出します)

焦らず、微生物が働いてくれるのを待ちます。

今日は半日、山二つ、160キロほど練りました。

明日も続けます。










posted at 2013/11/21 9:45:31
 
 
Profile 
早田かおり
 詳細は >>こちらから<<

Studio Pechka facebook
Studio Pechka《 facebook 》


スタジオ ペチカ
自然のワークショップ 三日ぼうず倶楽部


作品のお問い合わせ等は、下記のメールフォームからお願いします 

メール(かおり陶房)

Category 

Pickup Photo! 
2017/06/13 :: 第31回 ふるさと会津工人まつり


!!$img1!!福島県大沼郡三島町、行ってきました〜!
ずっと来てみたかったので、ワクワク。。。
臨時駐車場に車を停めて、シャトルバスで会場へ。
只見川沿いを、山の中を走り、奥深い会津に来ました。

9時開店だが、開店前から行列の店もあると話は聞いていました。
自分が着いた頃には、人が群がり見るのが大変、、、、
お昼前には目ぼしいものはほとんど無くなっていました。
都市部から仕入れの為に来る人も多いらしい。

!!$img3!!皆の目当ては、地元のおじいちゃん、おばあちゃん達の編組細工。
アケビやヒロロという草で編んだ籠・バック・財布。マタタビで編んだざる。
何気に座っておられるが、皆さんただのおじいちゃん、おばあちゃんじゃない。

迷っている間はない。その時、買わないと、ちょっと他を見て〜なんていってたら、もう無い。

人にうんざりしながら、フラフラ歩いていると。。。

見覚えのあるお顔。。。!この人じゃないか?!

!!$img2!!伝統工芸士の舟木トメ子さん。
忙しすぎて、あまりゆっくりはお話し出来ませんでしたが、何か、たくましいエネルギーを頂いたような気がしました。


モワダの木(シナノキ)の皮、⇒https://www.facebook.com/kougeikan/posts/318299561599503
アカソ、ヒロロ(学名ヒヤマカンスゲ)という草を山に採りに行き、天日干ししたものを、束にして紐に編んで、その紐を縦糸、横糸にして編み、形にしていきます。

様々な網目模様の面白さ、網目の美しさ、デザインの良さ、使い勝手、色々と選び所は有りますが、
自分は、この人が、時期がくると山に入り、素材の面倒を丁寧に見ながら、雪深く閉ざされた家の中で、淡々と紐を編み、ひと目ずつ根気よく編み続けている姿を、自然の素材と向き合って暮らしている一年を想像しただけで、グッとくるのです。

そして、山や植物から、自然から、地球から、何を頂いているのか?
生まれ育った場所で、生まれる前からすり込まれたもの、縄文時代から受け継がれた遺伝子を想像すると。。。また、グッとくるのです。

クッ〜〜!たまらんのぅ〜







all photo