益子焼::かおり陶房
2020/06/22   


原点原点







働きながらやきものが出来る場所を探していた頃、情報誌でハーブ園の求人を見つけました。

この頃は、なぜにこんなにも植物達の色は美しいのか?自分達は懸命にその色を写そうとしているが、その必要は無いんじゃないか?敵うわけが無い。
という思いが強く、ならば、その美しさの秘密を知りたい。では、植物を育てる所から、種を撒くことからやってみたい。

千葉県大多喜町に移り住んで、ハーブ園で3年間、苗を作りました。

同時に、薪窯、わら灰釉薬をやっていた方との出会いがあり、様々な事をやらせて頂きました。

この2つの出会いと自然の中での経験が私のやきものの原点となりました。

今のハーブ園は、私が働いていたころの社長もスタッフも変わってしまいましたが、あの大多喜の自然は今も気持ちが良いことでしょう。

あぁ〜久しぶりに行ってみたいなあ。。。。



posted at 2020/06/22 8:05:15
 
 
2020/06/11   

栃木に移る前、千葉県の大多喜町のハーブ園で働いていた頃、同じ時期に入社した元同僚が、独立して夫婦で農園を始めました。
ムクナ豆、シモン芋って、皆様ご存じでしょうか?
知らない方もおられると思いますので、紹介させて頂きます。

ムクナ豆、シモン芋ムクナ豆、シモン芋






志を一歩ずつ着実に形にして行く姿に励まされますし、何より、嬉しいです!
是非、のぞいて見て下さい!

⇒ グレインオブパラダイス http://www.grainofparadise.com/






posted at 2020/06/11 8:19:31
 
 
2020/05/27   


樽の中に 今年の麦味噌、色も濃くなって、やわらかくなって、ぷーんと香りもたってきたので、そろそろ冷蔵庫へ




樽の中に いつも、釉薬の樽の中に顔と手をつっこんで、、同じ事をしている
今日も、樽の中に喜びを感じる




樽の中に ふっふっふっ。。 沢山出来た!












posted at 2020/05/27 12:07:28
 
 
2020/04/17   
この時期、いつもは余裕がなくて〜
なかなか出来ない事を作陶の合間にちょいちょい楽しんでおります。

今回は手作りイチゴジャム〜

小ぶりのイチゴで充分!

まずは、ジャムを詰める瓶は煮沸して自然乾燥。
鍋に、洗ったイチゴと砂糖を加えて、適当に煮詰めたら、出来上がり!
熱いうちに瓶に詰めて、冷めたら冷蔵庫で。

ちょー簡単!
やっぱり手作りは美味しい〜自然の赤は美しいねぇ〜皆様も是非!








posted at 2020/04/17 9:06:58
 
 
2020/01/17   


新たな年が始まりました。
人間は素晴らしく良い事もしますが、恐ろしく悪い事もしますね。
この一年も、自分の命が喜ぶ事をやって生きたいですね。

映画 「SEED 生命の糧」の上映会のお知らせです!

私達が命を繋ぐ為に、日々、食べている米や麦や野菜、植物の種の話です。
現実に起きていることですので、幅広く知って頂きたいと思います。

映画 「SEED」 生命の糧 映画 「SEED」 生命の糧 日時 2020年2月2日(日) 10時〜
場所 ララカフェ(LaLaCafe) オーガニック自然食品店
栃木県宇都宮市下荒針町3473-23
参加費 一般500円 高校生以下無料
主催 有機農業ネットワークとちぎ 
問い合わせ先 事務局 関塚学 sekidukamanabu@yahoo.co.jp
*事前申し込み不要

映画「SEED 」公式ページ http://unitedpeople.jp/seed/

有機農業ネットワークとちぎ  https://yuki-net-tochigi.jimdofree.com/






 
posted at 2020/01/17 9:07:15
 
 
2019/08/25   


残暑お見舞い申し上げます残暑お見舞い申し上げます残暑お見舞い申し上げます










posted at 2019/08/25 6:23:16
 
 
2019/08/02   


実が生るプルーン
今年は実ものの生りが良いです。





実が生るゴーヤ、ブルーベリー、ブラックベリー
特にブルーベリーの実は通年より大きく、沢山生りました。
美味しいジャムが沢山出来そうです。



posted at 2019/08/02 16:02:16
 
 
2018/11/28   


今年は暖かいので、なんとか間に合うじゃろ〜

種を蒔くあまいえんどう、赤花絹さや
マルチをするのは猫除け〜フカフカに耕した土を、ここぞとばかりに、容赦なくホリホリ。。




種を蒔く直播しきれなかった種は苗床に蒔いて、苗にして
昔取ったきねづか〜
「自然の色はなぜにこんなにも美しいのか?」という疑問から、じゃあ、種を蒔くところから、育てるところからと、思い立ったのがきっかけで、ハーブ園で働いていた頃がありました。







posted at 2018/11/28 9:47:44
 
 
2018/11/25   


冬の支度ススキを切り戻し、葉は細かくして、セージの霜よけのマルチに
花の部分は、種をしごいて取ったら筆になるかも〜



冬の支度メキシカンブッシュセージのシュート
これを凍らせないように冬の間は霜よけを〜春にこれが伸びてきます



冬の支度セージ、まだまだ綺麗です
益子の大甕に







posted at 2018/11/25 16:05:40
 
 
2018/08/15   


毎月9日に発売される雑誌「サライ」
愛読しておられる方、いらっしゃるでしょうか?私は高校生の頃から読んでいます。

今月号の特集は「漢方と薬膳」
最初のページで私の土瓶ちゃんが漢方茶を淹れております。
この土瓶で淹れたお茶を飲んだら、良く効くよ〜ってな感じに、上手に撮られております。
良かったら、探してみて下さいね〜

前に土瓶をお買い上げ下さったお客様から言われたことがあります。
土瓶が喋るんだと。。「元気出せって」、お茶を淹れてくれるんだとさ。。。
これを聞いたときは、作者ながら、、「ええっ!ホント?」と思いましたが、、、、
そんな事も有るのかも。。。。


熱い夏で疲れた体、胃腸に良い漢方、薬草茶などが色々紹介されています。
「漢方」、フムフム。。。面白いですよ。

私もよもぎ茶を作って飲みましたが、冷たいものばかり飲んで冷えたお腹に優しく、胃が軽くなったような、スッキリした感じになりましたよ。
身の周りにある野草茶は簡単に作れます。皆さんも是非、お試し下さい!

人間も自然の一部、自然界のエネルギーを体内に入れて、人間の自然治癒力を呼び覚ましましょう〜

サライ9月号









posted at 2018/08/15 6:53:25
 
 
Profile 
早田かおり
 詳細は >>こちらから<<

Studio Pechka facebook
Studio Pechka《 facebook 》



作品のお問い合わせ等は、下記のメールフォームからお願いします 

メール(かおり陶房)

Category 

Pickup Photo! 

Recent Diary 


Counter 
total : 359643
yesterday : 350 / today : 201

Search 







Archives