益子焼::かおり陶房
2017/11/28   


こるりの森七ツ洞マルシェを後にして、向かうは「こるりの森」
なかなかイイ雰囲気〜



こるりの森森主の稼業はこちらも農家
普段は市場に野菜を出荷していますが、週末はこちらで販売しています。
もうお野菜は少なくなっていましたが、無農薬の小豆を手に入れホクホク〜

小屋も仲間と作ったそうで、誰かがやってきては、勝手に木を伐り出したり、作業始めたり、皆の場所になってました〜

12月2・3日には「収穫祭」も開催

こるりの森いつか、ペーターさんの演奏、ここでやる?
火を囲み、アコーディオンの音色が冬の夜空に響いて。。。
三日月さんに届くかな〜 (勝手に想像)




posted at 2017/11/28 10:56:09
修正
 
 
2017/11/27   


皆さ〜ん、茨城県水戸市の七ツ洞公園はご存知でしょうか?
映画のテルマエ・ロマエの撮影にも使われたという、英国式庭園を持つ公園です。

ここで、ペチカメンバーの農家夫婦(晴れ晴れファーム)が出店するというので行ってきました〜


晴れ晴れファーム  in   七ツ洞マルシェ珍しいかぼちゃも作ってて、白いものやラグビーボウルのような形のロロン、バターナッツのスープは美味かった!それぞれ、ちょっとずつ味が違うんですよね〜
なかなか売ってないハーブのフェンネルも作ってて、料理の仕方とかお話ししてもらい、楽しい〜


晴れ晴れファーム  in   七ツ洞マルシェそして、、私のお目当ては、これ!
ねっとり甘い紅はるか!
薪ストーブで石焼芋にして、ほぼ毎日私の昼食になるので、箱買いしていきます。これがあれば、冬籠りの準備ができ、安心であります。ありがとう〜


晴れ晴れファーム  in   七ツ洞マルシェ彼らの情熱が詰まった新鮮野菜と店主の母の手作り編みぐるみ、素敵です!




夢を叶える為、今年から新規就農者として歩み出した二人、私に何が出来るってわけではありませんが、応援させて頂きます!






posted at 2017/11/27 8:11:13
修正
 
 
2017/10/05   


秋だねぇ









posted at 2017/10/05 16:49:33
修正
 
 
2017/05/16   


サイズぴったり  フラット皿
          
  卵焼き器で焼いたサイズにぴったり!
  焼けたら、この上で切って、起こせば〜
  うちのは、ふわふわの甘んまい卵焼き
         
                   箸置きに使っているのは、実はボタン。
                   お客様に教えてもらった使い方。いい感じ








posted at 2017/05/16 8:28:29
修正
 
 
2017/04/16   


いっぺんに春がキター!  なぜか?麦が!元気です!







いっぺんに春がキター!  なんの花かわかりますかね? プルーンです。





いっぺんに春がキター!  麗しのスミレさん。美しかのぉ〜心洗われる〜









二回目の窯焼きが、昨晩遅く終わり、ちと小休止。
明日、窯出ししたら、もう一度焚きます!
がんばっぺ〜





posted at 2017/04/16 8:29:01
修正
 
 
2017/01/02   


今宵の空


今宵の空











posted at 2017/01/02 21:11:24
修正
 
 


キムチ作り 4最後はビニール袋2重にして入れます。
小分けにしておくと、食べる時に取り出し易く、人にあげたりするのに便利ですね。
でも?
単体で発酵するのと、甕や桶にいっぺんに漬けて発酵するのと、味が変わるものでしょうか?カレーもなぜか?沢山で作った方が美味しいし?(一緒じゃないか?)
来年は甕に漬けてみようかな〜

2、3日は10度ぐらいの室温で、その後は冷蔵庫で保存だそうです〜

さあ〜!2日間に渡ってのキムチ作り。
これだけの時間手間をかけて〜思いをかけて〜美味しくないはずがなぁ〜い?!
と、、、言い聞かせつつ、、、
実はわたくし、、、食べられません、、、( ゚Д゚)
でも!今回はチャレンジして食べてみますよ!
はて?!結果はいかに?!






posted at 2017/01/02 18:24:16
修正
 
 


キムチ作り 3塩抜きした白菜は、よく絞ってザルにあげて置きます。






ペーストを作ります。
唐辛子粉、細かいの荒いの2種に、松前漬け、イワシの出汁を加え、適当な硬さまでよく練ります。(味噌玉ぐらい)
にんにく・しょうが(みじん切り)、松の実(半殺し)、アミ、白胡麻を加え、よく練ります。
これに、大根(3センチ千切り)、ニラ、からし菜、セリ、長ネギ(3センチに切る)を加え、馴染むまでよく練る。
分割した白菜の数にペーストを分け、いよいよ〜白菜に挟んでいきます。


キムチ作り 3根元に多めに、葉先もよく付けて、全体を赤く染めていきます。
一枚一枚丁寧に〜
沢山の量。。だんだん頭がボーッと、、、
すると、「早く終わらせようとして、雑にならないように〜」と、チイさんの一声。
はいっ!ラストスパート!気を抜かず頑張ります!



キムチ作り 3最後は外葉で包みます。
自分はあたふた上手く包めませんでしたが〜毎年仕込んで慣れている方は、綺麗に包めてますね〜



つづく
posted at 2017/01/02 13:02:26
修正
 
 


キムチ作り 2塩浸けした白菜を塩抜きします。
水洗いしたら、真水に暫くさらします。時々食べてみて、確認します。
最初に甘味がきて、しょっぱいが来るといいらしい。
抜け過ぎても、しょっぱすぎてもいかん。


キムチ作り 2出汁はイワシの塩漬けです。身が細かくなるまで良く煮ます。





キムチ作り 2濾して。残った身は、乾煎りしてフリカケに〜





つづく

posted at 2017/01/02 12:25:41
修正
 
 
2016/12/30   


今回初、益子でキムチ作りに参加しました!
益子では20年以上前から「キムチの会」があり、今回はチイカフェの店主さんに教わりました。
この日はとても寒くなり、水を沢山使ったり、時間手間がかかるキムチ作りですが、寒いほど美味しいキムチが出来るそうで、絶好の日でした〜


キムチ作り 1白菜を四分割に。切れ目を入れ、手で裂いて四分割にします。
裂くのがポイント。




キムチ作り 1葉の間に塩をすり込みます。
一枚一枚丁寧に。




キムチ作り 1桶に塩がこぼれないように上向きに置いて、3時間後、天地返しをします。
また3時間後に二回目の天地返し。さらに、7時間、塩漬けします。




つづく






posted at 2016/12/30 15:53:03
修正
 
 
Profile 
早田かおり
 詳細は >>こちらから<<

   スタジオ ペチカ
自然のワークショップ 三日ぼうず倶楽部


作品のお問い合わせ等は、下記のメールフォームからお願いします 

メール(かおり陶房)

Category 

Pickup Photo! 

Recent Diary 


Counter 
total : 207933
yesterday : 165 / today : 016

Search 







Archives 

RSS & Atom Feed 
益子焼::かおり陶房
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
お知らせ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ギャラリー
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
素材・道具
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
こつぶのつぶやき
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
自然・食
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ペチカなど
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ご支援を
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3