益子焼::かおり陶房
2019/01/23   

アップされました!
スタジオペチカのFacebookより、どうぞ〜 ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ 


ひじょーーに興味深い内容となっております!びっくり





posted at 2019/01/23 23:06:08
 
 
2019/02/14   


二月も半ば
皆様、お元気でしょうか?

ろくろ挽きができるのもあと一か月と一週間ぐらい

久々に急須を作りました
土瓶やポットばかり作っていたので、ちょっと新鮮

急須の一番のポイントは、取っ手かな
持ちやすく、注ぎやすい確度
口と90度のところに付いているわけではありません
ちゃぶ台のような低い机で使う場合と、テーブルのような高さで使う場合で、下からの角度も違います

人によって、手の大きさも違うし、使う環境も違う
色々だから色々つくりました
こういう仕事は時間と手間、我慢が必要ですが、手作りの良さが出ますね

この先は、定番の大きいマグや好評だった大きいスープマグ
碗、手頃な小皿や鉢。忘れちゃならない、箸置き小皿もね

相方がインフルエンザにかかりましたが、自分は、予防接種していなかったのですが、ちょっとおかしいかな。。。ぐらいで、移らず!
私の免疫が勝ったよう〜ふっふっふ!

マスク、食事は別々、部屋の換気、のどを乾かさないように
あとは。。急須を作るってんで、参考になる幾つもの急須を取り出して、緑茶をガバガバ飲んでいましたね〜

こちらは元気です!ゴンゴン!挽きます!

久々に





posted at 2019/02/14 10:05:30
 
 
2019/02/16   


更新されました! 
「シベリア伝説のハンター、デルスウザラに学ぶ自然暮らし 〜 焚き火編 〜」

スタジオペチカのFacebookからどうぞ〜 


あ〜全部の燃やし方を試してみたい!
火を燃すとなると、瞳孔が開く。
そして、嬉しい。そして、ドキドキする。
なぜかな?人が命を燃やすイメージと繋がるのかな?

posted at 2019/02/16 7:33:43
 
 
2019/02/25   


今、空前の猫ブームと言われていますが、私は、20年程、ずっと、猫と暮らしています。
猫って、現代社会生活において、人が身近に置ける動物であり、自然なのではないですかね。
動物って、猫って、至極、単純。 そこが、私の癒されポイント。

猫と暮らしていると、「人間の幸せ」って、なんだろう?って、考えちゃいます。

あ〜、ほら、もう考えてる。
自分も人間なのだとの自覚が出来てから、別の苦悩が出てきましたね。

でも、どうしようもなく人間なのだから、今は人間をやめられないので、、、、

ガタガタ言って無いで、、、どんぶり、挽きます!(笑)









posted at 2019/02/25 9:27:49
 
 
2019/03/12   


更新! スタジオペチカfacebook からどうぞ ⇒ ⇒ ⇒

今回は〜「シベリア伝説の猟師、デルスウザラに学ぶ自然暮らし(住居編)」






posted at 2019/03/12 7:01:10
 
 
2019/04/13   


更新されました! スタジオペチカfacebook からどうぞ〜うれしい顔  →

今回は〜
「シベリア伝説のハンター、デルスウザラに学ぶ自然暮らし 〜 動物との暮らし編 」
posted at 2019/04/13 20:36:44
 
 
2019/04/15   


2019年4月27日〜5月6日

    AM8:00〜  「路地裏テント」いつものところ

マイバック、お忘れなく〜

    *出店場所や駐車場の情報は益子町観光協会のページより〜
   


さてさて〜差し迫ってきましたよ〜今も窯焼き中〜 がんばっぺ〜!

うちでも、ブラックホールが次々と観測?!!











posted at 2019/04/15 18:58:54
 
 
2019/05/08   


令和、最初の陶器市が終わりました。

長いお付き合いになりました方々、新に出会いました方々、本当にありがとうございました。

この器の色は、自然の素材の色、稲わらや木々の灰、貝殻の灰で出しているんですよ。とお話しますと、「へぇ〜ほぉ〜知らなかった」!とお顔の表情が変わられるんですが、最近はこれが楽しくなってきました。

「おっ!また、みっけ〜!」と、ひとり、ニヤニヤしています。

若い方でも、釉薬の話を興味を持って、よくよく聞いて下さる方も居て、眠った原石がまだまだ居るんだな、と嬉しくなります。

そう、私のやきものを目にし触れて、眠った感覚を呼び起こす、引き出すという、自分の作陶にはそういう意味合いも含まれています。
もちろん、自分の感覚にも、常に疑問を持って作陶しています。

ので、定番のものも作りますが、それではもの足りなくなって、色々と作ってしまいます。

次に何が生まれるか?自分でもわかりません。
人間の自分と自然の素材との対話がまた、始まります。



ありがとうございました












posted at 2019/05/08 9:12:30
 
 
2019/05/11   

ムフ〜目がハートネコ

今年も長野のりんご農家さんから灰が届きました!

灰が来た! りんごとぶどうのミックス灰
灰が来た! な、なーんと!ぶどうだけの灰!未知の世界!




たまらんのぉ〜

いつも、お世話様です。今年は新に釉薬を作りまして、テストします。
もうしばらく、お待ち下さい。

間に入って運んでくれる友人にも感謝!

さて〜どんな色合いになりますやら?!楽しみでございます〜

灰を集めだし、はや15、6年、灰専用の小屋が欲しくなってきました。。。


灰が来た! 長野県上田市、「坂の上の果樹園」さんのりんごジュース
        さっぱりしていて美味しかったです。ご馳走様でした!










posted at 2019/05/11 14:47:43
 
 
2019/05/13   








posted at 2019/05/13 8:22:21
 
 
Profile 
早田かおり
 詳細は >>こちらから<<

Studio Pechka facebook
Studio Pechka《 facebook 》


スタジオ ペチカ
自然のワークショップ 三日ぼうず倶楽部


作品のお問い合わせ等は、下記のメールフォームからお願いします 

メール(かおり陶房)

Category 

Pickup Photo! 

Recent Diary 


Counter 
total : 271177
yesterday : 182 / today : 108

Search 







Archives