益子焼::かおり陶房
2018/06/07   

メディアにも、取り立てていただけていない現状の秋田大雨災害。
応援願います。


https://www.facebook.com/OPEN-JAPAN-緊急支援プロジェクト-1731359220455760/







posted at 2018/06/07 22:07:40
修正
 
 
2018/06/05   


今年もお手伝い♪
明治神宮球場、青空の下、「四万十塾」ブースにて〜ごきげんでした〜
来年も?!
是非、遊びに来て下さい〜

コールマンアウトドアリゾートパーク 2018コールマンアウトドアリゾートパーク 2018コールマンアウトドアリゾートパーク 2018









posted at 2018/06/05 8:28:40
修正
 
 
2018/05/30   










posted at 2018/05/30 9:23:20
修正
 
 
2018/05/07   


昨日で長い陶器市も終わり、最終日に搬出も終えました。

今回の市ではいつもやらないポカが幾つもありまして。。。なぜだろう。。慣れか?やきがまわったか?!

なにはともはれ、皆様のお陰で無事に終わりました。ありがとうございました。


陶器市の習慣で4時に目が覚め、今日は家と工房の片付けです。
あ〜草もぼうぼうです。。。


皆様、また、半年後にお会いしましょう。
より良いものを創って、お待ちいたしております!

使ってますよ〜って、言ってもらえると嬉しいので、遠慮なく声を掛けて下さいね〜



感謝感謝












posted at 2018/05/07 9:11:01
修正
 
 
2018/04/19   


益子春の陶器市







「かおり陶房」 早田かおり

路地裏テント・いつもの場所

平日 9:00〜
休日・祝日 8:00〜

*ペーターさんアコ演奏  28・29・3・5・6日

お化けが沢山出ました〜お待ちしております!



posted at 2018/04/19 7:40:59
修正
 
 
2018/04/02   


お久ぶりでございます

「春が来た。外に出ねば」 ムラムラと湧き上がる本能と〜

「もうすぐ陶器市、間に合わんぞ!」 理性との〜狭間で〜

せっせと薬掛け (一応、人間なのでね)

硬いわら灰の釉薬を、ガシガシと手で崩していたら。。右手の人差し指の関節が腫れた〜

ふえっ。。痛いのぉ

やはり。。最後はパワーミキサーに頼るしかないか。。。

ミキサーは早くて良いのですが、硬い釉薬の塊が引っ掛かり、回転の渦に柄が持っていかれ、下手すると。。。バケツにガガガッ!

穴が空くので用心が必要〜

肌色なのが素焼きした生地。これに釉薬を掛けてグレーなものに

さて、どう焼き上がりますやら〜


no subjectno subject









posted at 2018/04/02 17:17:06
修正
 
 
2018/02/08   


はてはて、もう何年になりますかなぁ。味噌を自分で作り始めて。。。
一度、手前味噌の味を知ってしまうと、もう、市販のものは食べられんのです。
皆でワイワイやれば楽しいし、同じにやっているのに、それぞれの味も違ったりして面白い。
大豆、塩、麹の種類が違えば、熟成の条件が違えば、毎回、違う味噌が出来る。

たかが味噌、されど味噌、いろんなものを育てます!

作り易い量でご紹介いたします! まだ、間に合う、是非〜


大豆 1s
麦麹 2s
塩  700g (混ぜる分400g・塩蓋分300gに分けておく)

圧力鍋
樽(10型ぐらい)
厚手(0.04ミリ)の45リットル・ビニール袋、2枚
軍手
ラップ
キッチンペーパーやティッシュ
ザル・ボウル・軽量カップ・お玉など
新聞紙


(事前準備)
*麹は麹屋さんに少なくとも、仕込む日の1週間前には頼んでおく
(仕込む日がもっと早く決められたら、早めに頼んでおく)
*仕込む前日、大豆をうるかす(20時間以上)
*樽・落とし蓋・重石・蓋は熱湯を回し掛け消毒し、自然乾燥


手洗いして〜

味噌づくり@新しいビニール袋の中で、固まっている麹を手で良くほぐし、ホロホロにする





A麹に混ぜる分の塩(400g)を良くまぶす(塩切り)

B大豆を煮る
  戻した豆を圧力鍋の豆を入れても良い高さまで入れ、その約3p上まで水を入れる
  はじめは蓋をせず、強火で沸騰したら、灰汁を取り、蓋をする
  シューッと音がしてきたら、弱火で約20分煮る
  (重りの所から、汁が噴き出すのはしょうがない)
  
  *水の量、煮る時間、火加減は様子を見ながら加減する

C親指と小指で、豆をはさんで潰してみる
  ネチッと潰れると良い
  パカッと割れるなら、もう一度、蓋をせず煮る

  *ここの塩梅が大事

Dボウルなどのうえにザルを置き、汁ごと豆をあける
  煮汁は捨てない

味噌づくりEビニール袋に汁を切った豆を入れ、熱いうちに軍手をして良く潰す





F豆の温度が約30℃以下になったら、大豆の袋の中に塩切りした麹を入れ、
  よく混ぜ合わせる

G硬さを見ながら、煮汁を加え、よく混ぜる
  (麦みそは米みそより柔らかめ、表面がネチネチしてるぐらい
   200cc〜800cc)
  
  *環境(気温)により発酵の速さが違ってくる。
    ゆっくりと発酵していくのが理想。急激な発酵は風味が落ちる。
    気温の高い地域、環境下では、煮汁を減らして硬めに。
  
味噌づくりHそのまま、袋の中で味噌玉をつくる





I新聞紙を広げ、樽を置き、渦巻きに順に重なるように叩きつけ、一週したら、
手の平でたいらにする。その上にまた、同じように叩きつけ、平にする。その繰り返し。
  (空気が入らないように隙間を作らないようにシッカリと。
   樽の壁や縁に付いてしまった味噌はキッチンペーパーなどで綺麗に取り除く)

J塩蓋(塩300g)をする
  表面に味噌が顔を出さないように、塩をまんべんなく振る
  その上にラップをして、落とし蓋、重石、蓋をする

K家で一番、涼しい場所に置く
  
  *たまに蓋をあけて変化をみる
   (白カビはテッシュなどで取り除けば、大丈夫。赤カビ黒カビは良くない。
    たまりのような茶色の汁が出てきても大丈夫だが、その場合は早めにLMをやる)

L五月の連休前後に天地返しをする

M小分けにして、梅雨前に冷蔵庫に入れる
     
  *減塩、麹の量が二倍、水分多めで、米味噌より発酵が早いので、
     LMの時期は様子をみながら

   
前の記事にも、様子を載せていますので、ご参考に〜

posted at 2018/02/08 14:12:14
修正
 
 
2018/02/03   

土瓶土瓶土瓶










posted at 2018/02/03 17:44:29
修正
 
 
2018/01/31   


今日は皆既月食

地球は太陽の周りを回転している

月は地球の周りを回転している

地球自体も回っている

私も太陽の周りを回っている

植物の構造も貝も螺旋

人も回転しながら母体から生まれるという

ろくろで挽いた器も回転の中から生まれる

ぐるぐるぐるぐる。。。。。。。。

うぅ。。ぐるぐるぐるぐる。。。。。。。

倒れそうだ







posted at 2018/01/31 23:52:43
修正
 
 
2018/01/24   


Wあずき あずき君


Wあずき 雪かきも終わり〜
     薪ストーブで小豆をコトコト煮る時間は本当に幸せ
     
     小豆は簡単に煮る事ができますよ
     自分好みの甘さに出来るし、お豆の味も濃く残ります  
     ぜひ〜 





posted at 2018/01/24 22:26:13
修正
 
 
Profile 
早田かおり
 詳細は >>こちらから<<

   スタジオ ペチカ
自然のワークショップ 三日ぼうず倶楽部


作品のお問い合わせ等は、下記のメールフォームからお願いします 

メール(かおり陶房)

Category 

Pickup Photo! 

Recent Diary 


Counter 
total : 228759
yesterday : 139 / today : 061

Search 







Archives 

RSS & Atom Feed 
益子焼::かおり陶房
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
お知らせ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ギャラリー
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
素材・道具
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
こつぶのつぶやき
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
自然・食
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ペチカなど
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ご支援を
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3